もうか、まだ、か 2006W杯 7日目! イングランド対トリ・トバ


スタジアムの雰囲気がW杯っていう盛り上がり方だよね~
いやはや歓声がものスッゴーイ!
スタジアムのせいですかね。ごおおおおんって響き渡ってる感じ。
大人歓声のうねりはトリハダが立っちゃう。

本当に睡眠時間なんてとってられない!
なんか今週はすごく速かった!
あんまり昼間のことは覚えてないかも(笑)
土曜は寝ダメしたいっっ!?出来るのかしらん?



◆B組 イングランド 2-0  トリニダード・トバゴ  (ニュルンベルク )

やっぱりベッカムだったね~!

でもスウェーデンと引き分けた初出場トリ・トバにちょっと注目。
守備がいいね~。
ベッカムのCK・FKもクロスもあがったし
ジェラード、ランパードにもオーウェンにも
ちゃんとボールが行くのにそれより前に抜かれない。
高さも強さも速さもある。
欧州で活躍してる選手ばかりであんまり代表として
練習できてない的な記事を見たけど守備は関係ナイっぽい。

圧倒的にイングランドに押されてるのに
逆にイングランドがやられてる雰囲気だったよ。
お互い決定機も逃してたし。
どフリーのクラウチー勿体無い!
トリ・トバのゴール前のヘッドおっしいー! いやナイス! 
カバーのテリーもナイス! 

完全な守りのサッカー、こういうのもあるのね~。好みとは違うけど。
この守りの意識ったらかなりスゴイ
3-4-3がベースって書いてあったけど、5-5みたいな時もあっちゃったよ(驚)

そしてついに後半13分ルーニーを引っ張り出す。
でその後もすっごい膠着状態・・・。
図式はまったく変わらず攻めるイングランド守るトリ・トバ
イングランドってば、バシバシ撃ってるのに決定せず
双方疲れも見え始めてるけど、こりゃまじで根競べだね

後半37分フリーのベッカムからクラウチヘッド~!
やーーーーっと均衡が破れたよ
ベッカムのクロスも今日はちょっと精彩を欠き気味だったけど
決めるときはちゃんと出すもんね!さすがです。

攻めるしかなくなったトリトバだけど、既に見るからに重い遅い。
ロスタイムにジェラードの目の覚めるミドルも決まってイングランド2得点!
ゲームも決めた。
予選突破も決まった!!!


シュートは撃たなきゃ得点は出来ないけど
相手に決められなきゃ負けることもないっていう相手にドロー目前に
門をなんとか開けたって感じ~。
なんだか息を潜めてるゲームだったなぁ








6月14日(水)
◆A組  ドイツ 1 - 0 ポーランド  ( ドルトムント)
ドイツは待望のバラック復帰で、前半から攻め攻め!!
ポーランドも粘る守備でイーブンだったけど、後半中ごろに
カード2枚でソボレフスキ退場で一人減ったあたりから、ドイツ猛攻!
それも何とか凌いでたのにドローかなって思ってたら・・・・
あーっ!ロスタイム
センタリングにノイヴィルの押し込み。これは効くな。


6月15日(木)
◆A組 エクアドル 3 - 0 コスタリカ  ( ハンブルク )
先制した時点でエクアドルペース。
コスタリカは必死にワンチョべにボールを集めてるのも不発。
何度もチャンスを作ってたエクアドルは2点追加点を取って決定的。
2試合連続3得点・無失点のエクアドルは
6得点2失点のドイツを押さえて予選A組1位通過!!!
ドイツは2位通過が決定。 おーぉ!ちょっと意外な抜け方だった
南米系強し。いいぞ。
[PR]

by ecos_2006 | 2006-06-16 03:04 | サッカー