ポーズだけじゃ伝わらない 三重県知事


これじゃあ、鈴鹿市とサーキットが頑張っても
実現は遠かっただろうな。



F1NEWSより>

 09/22(Friday)  三重県知事,鈴鹿不開催に言及なし

三重県・野呂昭彦知事は定例記者会見を実施し,今月土における施策や見解についての質疑応答を行ったが,このなかで「鈴鹿サーキットのF1開催断念」にふれられることはなく,淡々と定例会見は終了した。野呂知事は当初からF1開催に強い関心を示しておらず,各国にあるような財政支援や運営支援は一切行ってこなかった。
なお,野呂知事は外遊の過程でF1関係者と接触を図ったり,書簡を提出して“応援”をアピールしたが,どれもFIAとFOAには相手にされず成果を得られなかった。






これじゃ仕方ないといえば仕方ない。
開催したからといって、三重県が莫大に潤うわけでもない。
面倒な調整ごとが一杯だし、たかが鈴鹿だけのことだもんね。
記事のスタンスもちょっとあてつけっぽい。

でも
誘致した人たちの情熱のカケラも苦労の理解もない。
愛が無さすぎだったね。選んだのは三重県有権者のみなさん。

これも世代交代?
[PR]

by ecos_2006 | 2006-09-22 23:52 | F1+