しっとりナマ摩季

おまけでついていったみたいな出版社のパーティーで
ナマ大黒摩季さんを拝聴。
いつもの元気パフォーマンスは封印して
キーボードとギターだけをバックに
持ち歌をボサノヴァアレンジしたり、
ジャズのスタンダードナンバーや未発表曲?を披露したり、
とってもしっとりしたステージだった。


ご本人も数百人を前に
「一人、歌うキャバ嬢のよう」と言って笑いを獲ってたけど
目の前の客層もその反応も違って相当戸惑ってた。
そりゃ、座って凝視だもんね~。
でも最後はやや平常モード風に手を振る
「ラララ」♪


短い時間だったけど、見られてかなりラッキー!!
[PR]

by ecos_2006 | 2007-02-21 00:45 | 音楽・ライブ