出直しはサポーターから!!

昨日のレッズ対アルディージャ戦。


何が足りなかったんだろう?


確かに大宮相手に負けるとは思ってなかった。
慢心といえばその通り。
しかも完封で負けるなんて!
これは屈辱以外のなにものでも無いよ。
ブーイングは出来なかったけど、拍手も出来なかった。
ギリギリ負ける、というよりは何だか自滅?

選手も、サポも、こんなもんかよ浦和レッズ!?

実は、昨日の試合は、
去年あたりから同志を集めて行動していた
ほとんどがピンサポさんから成る
自称“前段を熱くする会”が
今年(たぶん)初めて、
普段、上段でやってる人や
今年は南に陣取っている人、
その時々の通路で一人やっている人とか
そんなサポさんたちが前段に戻ってきてまとまって
皆で気合を入れて臨んだ試合だった。


神戸戦後にコールリーダーからの叱咤激励を受け
サポにも選手にもあるだろう
どこか緩んだ気持ちをビシッとさせて
埼玉ダービーのラストを勝利で飾るべく、
そして残り試合を全て勝つために
ゴール裏前段からも
一丸となってサポートするぞっ!!
という試合だった・・・・。

なのに負けた。

選手の後押しになれたのか
ベンチに気持ちを伝えられたのか
周りのサポを巻き込んで熱く一体化できたのか
勝ちたい、勝たせるんだと必死になれたのか
もっとやれたんじゃないのか

夏休みの間、ゴール裏前段では
観光客も一見さんもミーハーも子連れ親子も受け入れてきた。
(時々追い立てられるけど)
ここに来た以上はレッズのサポートをしに来たはずだよね。
でも、その結果、傍から聞こえてきたのは
『前段、最近温いんじゃない?』だった。
だから本当に改めて気持ちを確認しあって
挑んだはずだったのに・・・。

でも負けた。


コール的にははっきり言って 
「アレ!浦和」の音程ズレは酷かったと思う。
何回やっても酷かった。3つくらいの不協和音。周りの音、聴いてる?
「Hi-Ho!」はHi-Ho!しか聞こえない。
アウェーだと、しっかりLet's GO!も聞こえるのになぁ。
集中したいところだよね。
チャンスを逃して落胆するのも分かるけど
選手がまだ闘っている最中なのに
途中でコール止めたり、手拍子止めたりしないで
苦しい時ほどと踏ん張ろうよ!
最後の30秒だってまだわからないよ!!
試合後にあんなでかいブーイングする声が出せるなら
試合中にもっと声出そうよ。ヤジじゃなくてね。
試合後、八つ当たりでモノを投げつけるくらいなら、
試合中にこれで負けても恥ずかしくないってサポートしようよ。
とにかく全力で応援しよう!



帰り道、普段は何気に見てたけど
ユニ+タオマフ姿で帰る人の波に、
『そうか、この人たちは汗をかいてないんだなぁ~』と痛感した。
座席の違いはあるのもわかるけど、
少なくともゴル裏!で来た時のままで
帰れるなんて人がいるのは、まだまだだと思う。
タオマフは汗でじっとりして首にかけていられないし、
ユニ(ワタシは赤Tだけど)も汗吸ってベッタリだし
頭は撒き水で滴るくらいだから
とてもそのまま帰れる状態じゃないよ。


まだ出来る!まだやれるハズだよ!レッズサポ!


試合終了と同時に、違う話題で盛り上がれたり、
即座に席を立って(ゴミ置いたまま)帰ったり出来るなんて、
余力がある証拠でしょ?

ブーイングがイヤだとか、負けても拍手して欲しい(言ってない)とか
選手になまっちろい事言わせるような温い応援じゃなくて、
そりゃたまには力になるサポートが出来なくてごめん!とか
応援に応えられなくてすまん!とか
ってのが、あってもいいとは思うけど

やっぱりそれよりは
ここぞ!という時、
もう駄目だという時、
あの声援に支えられたとか
あれで動けた
といわせるくらい
選手の最後の最後の力を振り絞って闘えるように
あと一歩が動けるように、
スタンド全部全力でサポートの力を届けるんだよ!
モチロン相手にも見せつけて
みんなで残り試合勝ちに行くんだよ!
これこそが
WE ARE REDS!でしょ。
[PR]

by ecos_2006 | 2007-09-02 13:46 | サッカー