J第19節 vsアントラーズ   闘う気持ち!!        

@カシマスタジアム   観客:36,412
鹿島 1-1 浦和


どう見ても悔しいけど現時点では明らかに鹿島のが強い巧い。
最悪の試合の後だけに、ちょっと心配だったのも確か。

だけど気持ちってプレイに出るし伝わるね。
日曜の選手に感じられたのは闘う姿勢
滝のような雨でも前を向いてた
遠いサイドが見えない豪雨の中でも走ってた
再開後のウォーミングアップに早々と出てきてた
ひとりひとりの表情もビシッと締まって見えた
残念ながらいつものように先に1点を獲られちゃったけど
諦めずに止まらずに皆が勝利のために闘ってた。
その姿、その気持ちって間違いなく伝わってくる!
不満や不安がなかったわけじゃない、
でも選手たちの姿勢がサポに力をくれてるよね
滝修行のように打たれても、全身びしょぬれでも
前が見えなくても(ていうか目を開けてるのもシンドイ豪雨って!?)
声を出せるんだって実感した!嬉しかった
こんな風に選手とサポが同じ気持ちになったのって
多分今季初めてな気がする。
落雷の爆音に負けない音量のコール、
POUも久しぶりだった。



結果は引き分けだけど、今までよりはるかに
期待出来ると思った人は多いと思う。
戦った相手は確かに鹿島だったけど、
そのことよりはあのとんでもない雷雨の中、
共に闘ったからこその
WE are REDS!だったと思ってる。
この気持ちを忘れたくない。








それにしても男と人はいいよねぇ。上半身裸になれちゃうもん。
中断中にトイレに行って 
すっかり水を吸ってるタオマフを絞って、体を拭いて
もう裾という裾、生地という生地から雨水が滴ってる着衣を
一式全部絞ってそれをまた着る、(もちろんギモチワルーイ)
なーんて経験をするとは思わなかったよ・・・・。
上半身の着替えはあったけど、さすがに下はねー
なので、帰りのバスの中ではスタジアムで未使用の
カッパを敷いて座ってました・・・・冷たかったよ~


いやはや、去年のナビガンバ戦の台風直下に続き
趣の違う雷雲直下ですごかった・・・・・・。
あんなふうに走る稲妻を真下で大量に見たのは初めてだわ~
もーなんでも来いって感じ(笑)
[PR]

by ecos_2006 | 2008-07-30 23:44 | サッカー